トイレつまり解決までの流れと予算

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

トイレのつまりトイレの排水溝に異物がつまっておきますから、その異物を取り除いてあげる事が先決なのは理解できるのですが、いざとなると最悪の場目ばかりが脳裏に浮かんできて、焦って見当違いな事をしてしまうという人が多いのではないでしょうか。まっさきに試すのはお水を勢いよく流してとにかく流しきってしまおうという事でしょう。確かにある場合には正しい方法ですが、解決のためには準備が必要なのです。

トイレットペーパー便器の周辺に厚く新聞紙をしくか棄ててもよいタオル地をしくかして、水の飛び跳ねに備えます。これが有効なのはトイレットペーパーか大量の大便でつまったケースです。異物の種類によっては水かさが増えるだけで思うように流れてくれない事もありますし、最悪便器をはずし、配水管を掘り起こすなどの大工事になりかねません。

ラバーカップの他お金をかければ、トイレのつまりに有効な道具を通販で購入できますし、プロ仕様の劇薬も購入できますが、それよりも有効なのは業者を呼ぶ事です。経費も想定したものより安くすむ事も多いのでこうした場合は素直に業者へ解決依頼をしましょう。

一般的な流れとしては業者へ電話などで連絡をします。ネットからの連絡が可能な場合もありその時は困っている現場の写真を合わせて送信すると作業がスムーズに進みやすいです。業者の方で近くの事業所へつなげてくれます。巡回してくれているところだとかなり早く到着します。状況確認および見積もりが出されますから納得できたら作業開始となります。その場で現金あるいはローン支払いとなって完了です。